やんばる通信

 

2019年07月02日

 7月2日、やんばるの森へ行って来ました。大学の研究者からの依頼で、アオイボクロの発生状況の確認が目的でした。暫く入っていなかった森なので、倒木や雑木が生い茂り、何度も迂回を余儀なくされて目的の場所へたどり着くのに時間がかかりました。ようやくたどり着いたポイントでは、数株が咲き始めていました。これから次々と発生してくるものと思われます。前日に雨が降っていたせいか、3個体のリュウキュウヤマガメに出会いました。最近では珍しい数です。森から出る直前に、真っ白なツルランが綺麗に咲いているのに出会いました。
 次に別の森へユウズルエビネ(リュウキュウ)を確認しに行きました。以前に何株も確認している森なので、ゆっくり丁寧に見て歩いていると、木々の合間から赤紫の綺麗な色の花が見え隠れしています。急いで近づいてみると、端正なユウズルエビネでした。久しぶりの出会いなので、皆興奮気味に時間をかけて撮影していました。近くには、レンギョウエビネの大株が幾つもありました。
 林道沿いでは、ノボタン、アオノクマタケラン、ギョクシンカ、ナガミボチョウジ等が咲いていました。

  
アオイボクロ

  
アオノクマタケラン                           ギョクシンカ


炭窯

  
ナガミボチョウジ                  レンギョウエビネ

  
ユウズルエビネ

  
ツルラン

  
ツルラン