やんばる通信

 

2015年01月18日

 1月18日、やんばるの森へ行ってきました。今回の目的は、昨年末に蕾を付けていたイズセンリョウ(絶滅危惧IA類)の開花確認でした。残念ながら蕾はまだ堅く、花は咲いていませんでした。開花時期に再度挑戦する予定です。森の中では、ハクサンボク、オキナワスズムシソウ、アリモリソウ、サツマイナモリ、ヤブツバキ等が花を咲かせていました。特に、オキナワスズムシソウの花が辺り一面に満開している場所は素晴らしかったです。また、トクサラン(準絶滅危惧)、オナガエビネ(絶滅危惧U類)、ツルラン(絶滅危惧U類)、ヒメトケンラン(絶滅危惧IB類)、ヤンバルキヌラン(準絶滅危惧)、ユウコクラン、コクラン(絶滅危惧IB類)等の野生ランに出会いました。そして、美味しいハツタケが見つかり、森の恵みとして持ち帰りにしました。ホコリタケもありました。林道沿いでは、ビロードボタンヅルが満開でした。また、ヒカンザクラ、バラアサガオが咲いていました。

  
 ハクサンボク

   
オキナワスズムシソウ

   
オキナワスズムシソウ                               ハツタケ

   
ホコリタケ

   
イズセンリョウ

   
サツマイナモリ                            リュウキュウバライチゴ

   
ヤブツバキ

   
ヒカンザクラ

   
ビロードボタンヅル

   
ビロードボタンヅル

   
ビロードボタンヅル

   
バラアサガオ