やんばる通信

 

2015年01月04日

 1月4日、やんばるの森へ初歩きへ行ってきました。急勾配の坂をずっと下って行き、途中、ロープも使いながらの厳しい歩きでした。ようやく沢へ降りて暫く詰めて行くと、今日の目的、タイワンエビネ(絶滅危惧IA類)の大株に出会うことが出来ました。残念ながら花は終わっていましたが、今年の開花時期に再度挑戦する予定です。森の中では、アオノクマタケラン、マンリョウ、リュウキュウツルコウジ、リュウキュウアリドウシの赤い実、マルバルリミノキ、タシロルリミノキの青い実、ヤマビワソウの真っ白な実がたわわに実っていました。また、タイワントリアシ(絶滅危惧U類)、オキナワスズムシソウ、アリモリソウ、サツマイナモリ、サザンカ、ヒメサザンカ等が花を咲かせていました。そして、トクサラン(準絶滅危惧)、オキナワセッコク(絶滅危惧IA類)、カゴメラン(絶滅危惧U類)、オナガエビネ(絶滅危惧U類)、ツルラン(絶滅危惧U類)、ヒメトケンラン(絶滅危惧IB類)、ヤンバルキヌラン(準絶滅危惧)、ユウコクラン、コクラン(絶滅危惧IB類)等の野生ランに出会いました。さらに、滅多に出会わないシダ、ツルホラゴケが見つかりました。アオノクマタケラン、シラタマカズラ、タシロルリミノキ、ササクサの斑入り株もありました。帰り道は案の定、凄い上りで、皆、あえぎあえぎ登りました。途中、イボイモリの幼個体に出会いました。

   


  
    沢


沢                                       滝

  
 アオノクマタケラン   斑入り

   
ホコザキウラボシ


イボイモリ

   
リュウキュウツルコウジ                        リュウキュウアリドウシ

   
マンリョウ                            オキナワスズムシソウ

   
タイワンエビネ

   
ササクサ 斑入り                         シラタマカズラ 斑入り

   
サツマイナモリ

   
マツバラン                                  シシアクチ

   
ツルホラゴケ

   
ヤマビワソウ                               ヤッコソウ

   
ヤリノホクリハラン 奇形葉?


タシロルリミノキ 斑入り                         タイワントリアシ