ラン科 エビネ属

ユウヅルエビネ(夕鶴海老根)
(リュウキュウ)

Calanthe dominii

ryukyu ryukyu
沖縄県国頭村 2004.07.25

ryukyu ryukyu
沖縄県国頭村 2005.07.18                                      沖縄県国頭村 2005.08.01

ryukyu ryukyu
沖縄県国頭村 2005.08.01

ryukyu
沖縄県国頭村 2006.07.16

ryukyu
沖縄県国頭村 2006.07.16

ryukyu    ryukyu
沖縄県国頭村 2008.10.12

ryukyu    ryukyu
沖縄県国頭村 1010,08,08

ryukyu    ryukyu
沖縄県国頭村 2012.07.14

ryukyu    ryukyu
2013.07.20 国頭村

ryukyu    ryukyu
2015.07.04 国頭村

ryukyu    ryukyu
2015.07.04 国頭村

ryukyu    ryukyu
2015.07.18 国頭村


【特  徴】草丈50〜100pの常緑の多年草。偽球茎は数個接して並び、偽球形は数個接して並び、4〜5葉を束生する。葉は卵状長楕円形で、光沢はなく、30〜60p。花茎は偽球形の基部から50〜100p出て、多数の花を咲かせる。オナガエビネとツルランの自然交雑種で、花は白色、桃色、青紫色、赤紫色、赤色と変化に富む。唇弁は3裂し、中央裂片はさらに2つに分かれ、基部に黄色、桃色、青紫色、赤紫色、赤色の隆起がある。

【生育環境】山地の自然林の林床に地生する
【分  布】沖縄本島北部、石垣島、西表島、屋久島、種子島、トカラ列島、奄美大島、徳之島、台湾、中国南部
【開花時期】6〜8月
【カテゴリ-】環境庁版RDB(絶滅危惧II類) 沖縄県版RDB(絶滅危惧II類)