ラン科 キヌラン属

ヤンバルキヌラン(山原絹蘭)

Zeuxine gracilis var. tenuifolia

yanbarukinuran   yanbarukinuran
沖縄県国頭村 2007.02.25                             沖縄県国頭村 2008.02.24

yanbarukinuran yanbarukinuran
沖縄県国頭村 2008.03.03

yanbarukinuran yanbarukinuran
沖縄県国頭村 2008.03.29

yanbarukinuran       yanbarukinuran
沖縄県東村 2012.03.01                                       沖縄県東村 2012.03.02

yanbarukinuran       yanbarukinuran
沖縄県国頭村 2015.03.22


【特  徴】草丈15〜25pの多年草。葉は長さ3〜5pで、根元に2〜3枚つける。総状花序は頂生し、5〜10花をつける。花は白色で、花弁は斜長楕円形、4〜5oで、唇弁は5oで、先がT字形に広がる。
 黄色い花の咲くイシガキキヌランの亜種

 【生育環境】 山地の草地や自然林の林床に地生する
 【分   布】 沖縄島北部〜中部
 【開花時期】 2〜4月
 【カテゴリ-】 環境庁版RDB(準絶滅危惧)  沖縄県版RDB(準絶滅危惧)