ラン科 ムヨウラン属

ヤクシマアカシュスラン(屋久島赤繻子蘭)

Hetaeria yakusimensis

yakusimaakasyusuran yakusimaakasyusuran
沖縄県東村 2005.01.10                                       沖縄県国頭村 2006.01.03

yakusimaakasyusuran yakusimaakasyusuran
沖縄県国頭村 2007.10.07沖縄県                            国頭村 2007.10.07 (斑入り)

yakusimaakasyusuran       yakusimaakasyusuran
沖縄県国頭村 2008.10.19

yakusimaakasyusuran
沖縄県国頭村 2009.01.18


【特  徴】草丈10〜25pの多年草。茎はややほふくして先端は直立し、4〜8葉を互生する。茎と葉柄は、赤褐色。葉は卵状楕円形〜卵状披針形の3〜7p。総状花序は頂生し、3〜15花を咲かせる。萼片は赤褐色を帯び、花弁と唇弁は白色で、3〜4mm。

 【生育環境】 山地の自然林の林床に生える
 【分   布】 沖縄本島、石垣島、伊豆諸島、四国、九州南部、屋久島、トカラ列島、奄美大島、徳之島、台湾
 【開花時期】 8〜10月
 【カテゴリ-】 環境庁版RDB(絶滅危惧IB類)  沖縄県版RDB(絶滅危惧II類)