ラン科 マメヅタラン

シコウラン(指甲蘭)

Bulbophyllum macraei

sikouran sikouran
沖縄県東村 2006.01.22                                       沖縄県大宜味村 2008.04.09

sikouran
沖縄県東村 2007.08.15

sikouran sikouran
沖縄県大宜味村 2010.08.15

sikouran sikouran
沖縄県大宜味村 2010.08.15

sikouran
沖縄県名護市 2010.08.15

sikouran
沖縄県大宜味村 2010.08.15

sikouran
沖縄県大宜味村 2010.08.15

sikouran sikouran
沖縄県国頭村 2013.01.13                                   沖縄県国頭村 2013.09.04

sikouran     sikouran
沖縄県東村 2017.09.22

sikouran     sikouran
沖縄県東村 2017.09.22

sikouran
沖縄県東村 2017.09.22



【特  徴】草丈10〜30pの多年草で常緑の着生ラン。根茎はほふくし、数cm間隔で卵形の偽球茎を付け、先に1葉を付ける。葉は革質の長楕円形で、長さ8〜18p。先は尖る。散形花序は偽球茎の基部から出て、長さ10〜20pで、2〜6花を下垂させる。花は、淡黄色で、背蕚片は長さ1.5〜1.8cm。側蕚片は長さ3〜5cmで、花弁は長さ6〜7mm。唇弁は長さ6〜7mmの披針形で、下方に反り返り、基部に関節がある。

【生育環境】山地の自然林の樹幹や岩上に着生
【分  布】沖縄本島、西表島、屋久島、奄美大島、徳之島、台湾、セイロン、インド
【開花時期】6〜8月
【カテゴリ-】環境庁版RDB(絶滅危惧IB類)  沖縄県版RDB(絶滅危惧IB類)