ラン科 ヒナラン属

オキナワチドリ(沖縄千鳥)

Amitostigma lepidum

okinawatidori okinawatidori
沖縄県読谷村 2005.01.16                                    沖縄県恩納村 2007.02.21

okinawatidori okinawatidori
沖縄県東村 2007.04.12 桃花

okinawatidori okinawatidori
沖縄県国頭村 2007.03.25 白花                                沖縄県国頭村 2007.03.10紅一点

okinawatidori okinawatidori
沖縄県うるま市 2013.02.25


【特  徴】陽当りのよい土手や山裾の斜面などに見られる草丈10〜15の冬緑性の多年草。葉は長楕円形で、根元に2〜4枚のやや幅広い葉をつける。花茎は高さ10cm前後で、唇弁は1cm強、距は約3mm。花は淡紅色、桃色、白色で、茎の先に数花つける。唇弁が3裂し、さらに中央裂片が2つに裂ける。花の形がチドリが飛ぶ姿に似ていることから、この名がついた。

 【生育環境】 海岸から山地の日当たりのよい草地や岩場に生える

 【分   布】 沖縄本島、浜比嘉島、久米島、渡名喜島  九州、屋久島、種子島、トカラ列島、奄美大島、喜界島
 【開花時期】 1〜4月
 【カテゴリ-】 環境庁版RDB: 絶滅危惧II類  沖縄県版RDB: 絶滅危惧II類