ラン科 ムヨウラン属

オキナワムヨウラン(沖縄無葉蘭)

Lecanorchis triloba J. J. Smith

オキナワムヨウラン      オキナワムヨウラン
沖縄県国頭村 2008.07.06

オキナワムヨウラン オキナワムヨウラン
沖縄県国頭村 2008.07.06

オキナワムヨウラン        オキナワムヨウラン
石垣島 2013.07.28


【特  徴】葉を欠く腐生の多年草。茎は黒く、単一または分枝し、長さ15〜40cm。茎の先に数個の花を付け、1花ずつ順に開花する。蕚片と花弁は長さ9mmで、暗紫褐色。唇弁は長さ11mmの白色で、3裂する。中央裂片はほぼ円形で、上面のほぼ全体に長毛が密生する。縁は細裂し、側裂片は鈍頭。唇弁の基部は蘂柱と瘉合し、上面内部に短毛の生えた1対の隆起がある。
 
 【生育環境】 山地の自然林の林床
 【分   布】 沖縄島北部、石垣島、西表島、タイ、スマトラ、ジャワ、ボルネオ、ニューギニア
 【開花時期】 6〜9月
 【カテゴリ-】 環境省版RDB(準絶滅危惧)