ラン科 キヌラン属

キヌラン(絹蘭)
ホソバラン

Zeuxine strateumatica

kinuran   kinuran
沖縄県東村 2019.02.12

kinuran   kinuran
沖縄県東村 2019.02.12

kinuran   kinuran
沖縄県東村 2019.02.12

kinuran   kinuran
沖縄県東村 2019.02.12

kinuran   kinuran
沖縄県東村 2019.02.28

kinuran   kinuran
沖縄県東村 2019.02.28


【特  徴】ごく小形の冬緑性の多年草。茎は長さ4〜10cmで、先は鋭く尖り、披針形。葉は線形の長さ2〜4cmで、茎は紅紫色をしている。穂状花序を頂生し、5〜10花を密生する。花は白色〜薄紅色で、蕚片と花弁は長さ約6mm、唇弁は長さ4mmの卵状長楕円形。先は2裂する。苞は披針形で先が細く尖る。
(チクシキヌランは唇弁が三角形で普通に見られる。)

 【生育環境】 日当たりのよい芝生や草地に地生する
 【分   布】 沖縄島、西表島、屋久島、奄美大島、台湾
 【開花時期】 2〜4月
 【カテゴリ-】