ラン科 シュンラン属

カンラン(寒蘭)

Cymbidium kanran

kanran kanran
沖縄県北部 2005.08.01

kanran      kanran
沖縄県北部 2006.12.03                         沖縄県北部 2007.10.18

kanran     kanran
沖縄県北部 2014.07.05


【特  徴】常緑の多年草。偽球茎は小さく、数枚の葉をつける。葉は幅1〜2pで光沢があり、線形。葉の縁に鋸歯がない。長さ30〜50p。総状花序は葉より長く、10〜20花をつける。花は5〜7pで芳香があり、淡紫褐色〜淡黄緑色。唇弁は2pで、3列し、白色で、上面に紅紫色の斑点が入り、下方に折れ曲がる。

【生育環境】山地の自然林の林床に生える
【分  布】沖縄本島北部、本州、四国、九州、屋久島、奄美大島、徳之島、台湾、中国南部
【開花時期】10〜1月
【カテゴリ-】環境庁版RDB(絶滅危惧IA類) 沖縄県版RDB(絶滅危惧IA類)