ラン科 カイロラン属

アリサンムヨウラン(阿里山無葉蘭)

Cheirostylis takeoi

アリサンムヨウラン アリサンムヨウラン
沖縄県大宜味村 2007.12.15                                   沖縄県大宜味村 2008.03.23

アリサンムヨウラン
沖縄県大宜味村 2008.04.09

アリサンムヨウラン     アリサンムヨウラン
大宜味村 2013.04.05

アリサンムヨウラン     アリサンムヨウラン
大宜味村 2013.04.05

アリサンムヨウラン     アリサンムヨウラン
大宜味村 2013.04.05                                 大宜味村 2015.04.08

アリサンムヨウラン     アリサンムヨウラン
大宜味村 2015.04.08

アリサンムヨウラン     アリサンムヨウラン
大宜味村 2015.04.08


【特  徴】草丈5〜20pの小形の多年草。茎はやや肥厚してほふくし、先は直立し、根元に2〜5葉をつける。葉は卵形で光沢はなく、ビロード状で2〜4pの淡緑色。総状花序は頂生し、2〜10花をつける。萼片は癒着して筒状になり、唇弁が反り返り、白色。
 別名 アノマラン、ヨシヒサラン

 【生育環境】 山地の石灰岩地の岩上や自然林の林床に生える
 【分   布】 沖縄本島北部、久米島、台湾
 【開花時期】 10〜4月

 【カテゴリ-】 絶滅危惧IA類