ラン科 ムカゴサイシン属

アオイボクロ(葵黒子)
ヤエヤマヒトツボクロ
ヤエヤマクマガイソウ

Nervilia aragoana

aoibokuro aoibokuro
沖縄県大宜味村 2005.06.25

aoibokuro aoibokuro
沖縄県大宜味村 2005.06.25                               沖縄県大宜味村 2007.12.15

aoibokuro aoibokuro
沖縄県大宜味村 2008.07.06

aoibokuro aoibokuro
沖縄県大宜味村 2008.07.06

aoibokuro aoibokuro
沖縄県 西表島 2008.07.25

aoibokuro aoibokuro
西表島 2013.07.29

aoibokuro   aoibokuro
          西表島 2013.07.29

aoibokuro
石垣島 2015.07.30


【特  徴】冬緑性の草丈25〜40pの多年草で、地中に1〜2pの球状の球茎があり、根茎を伸ばしてさらに球茎を作る。葉は長さ10〜15pで幅広く、別名ヤエヤマクマガイソウといわれるように、クマガイソウの葉に似る。花は淡緑色で、総状に数個下向きに咲き、半開し、中央部に毛が生える。花の時期には葉はなく、花が終わると葉が伸びてくる。

 【生育環境】 低地の石灰岩地の林床に地生する   
 【分   布】 沖縄島北部、北大東島、伊良部島、多良間島、石垣島、西表島、波照間島、与那国島、中国南部、台湾、東南アジア
 【開花時期】 6〜7月
 【カテゴリ-】 沖縄県版RDB(絶滅危惧II類)  環境庁版RDB(絶滅危惧II類)