すみれ花だより

2月8日

 関西の「スミレ愛好会」の皆さんを案内して、すみれの自生地を訪ねて来ました。絶滅危惧種のシマジリスミレは、開花にはまだ早く、それよりも数が激減していたのはショックでした。自生地の環境が極端に悪化しているように感じました。種子では簡単に、大量に増殖できるのに、自生地では全然増えないのは困りものです。何らかの対策が必要だと思います。もうひとつの絶滅危惧種のオキナワスミレも、以前とは比較にならないくらい数が減っていました。でも、開花に出会えて一同感動していましたよ!また、リュウキュウコスミレの端正な花姿のピンク花も発見しました。喜瀬武原では、リュウキュウシロスミレの濃い紫エッジのかかった花や、きれいな筋の入った花に出会いました。

  
シマジリスミレの自生環境                          シマジリスミレ

  
リュウキュウコスミレのピンク色の花           喜瀬武原産リュウキュウシロスミレ?

  
リュウキュウシロスミレ

  
オキナワスミレの自生環境

  
オキナワスミレ