コケシノブ科 ソテツホラゴケ属

オニホラゴケ

Cephalomanes obscurum

オニホラゴケ
2012.10.22 国頭村


オニホラゴケ    オニホラゴケ
2012.10.22 国頭村


オニホラゴケ
2012.10.22 国頭村


オニホラゴケ
2012.10.22 国頭村

オニホラゴケ
2012.10.22 国頭村

オニホラゴケ
2013.03.19 国頭村

オニホラゴケ
2013.03.19 国頭村

オニホラゴケ    オニホラゴケ
2015.07.04 国頭村
                           2015.12.05 国頭村


森林内の渓流沿いの湿った岩陰などに見られる常緑のシダ。葉長は10cm程度の卵状長楕円形で2〜3回羽状複生。葉が固く、葉の縁には鋸歯がある。最下羽片が大きい。古くなって来ると葉の色が沈んだ様な濃い緑色になる。羽片には短い柄。葉脈が裂片の縁まで届く。胞子嚢群は葉裏全面に付く。羽軸に幅広い翼があり、中軸には狭い翼がある。
分布 屋久島・種子島以南、沖縄、小笠原、インド〜中国南部などアジア・オセアニアの熱帯