イワタバコ科 ヤマビワソウ属

ヤマビワソウ(山枇杷草)

Rhynchotechum discolor

ヤマビワソウ ヤマビワソウ
2006.02.05 国頭村                               2007.02.03 国頭村

ヤマビワソウ ヤマビワソウ
2012.02.11 国頭村                                    フギレ 2012.02.15 名護市

ヤマビワソウ ヤマビワソウ
フギレ 2012.02.15 名護市                              2012.12.18 国頭村

ヤマビワソウ
2013.07.29 西表島

ヤマビワソウ
2013.07.29 西表島

ヤマビワソウ     ヤマビワソウ
2013.07.29 西表島                                     2014.12.28 国頭村

ヤマビワソウ     ヤマビワソウ
2015.01.04 東村

ヤマビワソウ     ヤマビワソウ
2015.08.30 国頭村


【特  徴】草丈30〜50pの小低木。茎は太くて直立し、若いときは全体に黄褐色の毛が密生するが、のちにやや無毛になる。葉は互生し、長さ2〜7pの葉柄があり、倒披針形〜倒卵状長楕円形で、長さ10〜20p、幅2.5〜6p、下部は枝のほうへ細まり、やや尖った多数の鋸歯がある。花は葉腋から集散花序を出し、 多くの花をつける。花冠は白色の車状鐘形で、裂片は楕円形または広卵形。液果はやや球形の径6〜7mmで、白色に熟す。

【生育環境】山地の林縁
【分  布】奄美大島以南〜琉球列島
【開花時期】11〜1月
【カテゴリ-】