クマツヅラ科  ハマゴウ属

ヤエヤマハマゴウ(八重山浜栲)

Vitex bicolor Willd.

ヤエヤマハマゴウ     ヤエヤマハマゴウ
2014.07.25 西表島

ヤエヤマハマゴウ   ヤエヤマハマゴウ
2014.07.25 西表島

ヤエヤマハマゴウ   ヤエヤマハマゴウ
2014.11.12 西表島


【特  徴】樹高2〜5mの小低木。葉が5枚からなる複葉を持つ。小葉は披針形〜楕円形で小葉柄がある。花は枝先に円錐花序を作り、花冠は淡紫色の漏斗状で長さ5〜10mm。果実は球形で径約5mm。
ハマゴウは単葉。ミツバハマゴウは3小葉。

【生育環境】海岸近くの低地
【分  布】石垣島、西表島、内離島、マレーシア、ミクロネシア、ポリネシア 分布域の北限
【開花時期】5〜10月
【カテゴリ-】環境省カテゴリー:準絶滅危惧 沖縄県カテゴリー:絶滅危惧II類