ナデシコ科 ウシハコベ属

ウシハコベ(牛繁縷)

Myosoten aquaticum

ウシハコベ   ウシハコベ
2012.05.03 宜野湾市

ウシハコベ ウシハコベ
2012.05.03 宜野湾市                                  2015.03.08 国頭村

ウシハコベ     ウシハコベ
2015.03.08 国頭村


【特  徴】草丈30〜50pの二年生草本または多年生草本。茎は地を這い、斜上する。上部は毛がある。葉は長さ1〜8cmの卵形〜広卵形で、先は鋭尖形。下部の葉は柄があり、上部の葉は柄がなく、茎を抱く。花は葉腋に、単生するか集散花序となり、白色の5弁花を付け、花弁は深く裂けて10個あるように見える。花柱が5本あり、萼や花柄には腺毛がある。果実は卵形で刮ハ。ハコベは花柱が3本に対し、ウシハコベは花柱が5本。
刈り込みによく耐えるので、奄美諸島や沖縄では庭木や生け垣に利用されている。
【生育環境】空き地、路傍、林縁、草地、薮、田畑の周辺、河原などのやや湿った場所
【分  布】日本全土   ヨーロッパ原産
【開花時期】周年
【カテゴリ-】