ナデシコ科  ツメクサ属

ツメクサ(爪草)

Sagina japonica

ツメクサ    ツメクサ
2014.04.03 宜野湾市

ツメクサ    ツメクサ
2014.04.03 宜野湾市


【特  徴】草丈5cm〜15cm程の越年生一年草。茎は根元で分枝し、地表を這うように広がる。全体に黄緑色〜深緑で艶がある。葉は対生し、線形の長さ8〜20mm、幅0.8〜1.5mm程で先は尖り、無毛の濃緑色で厚くやや多肉質。葉腋から長い花柄を伸ばし、直径4mm程の小花を1個ずつつける。白色の花弁が5枚、萼片も5枚。雄しべは白色で5個。雌しべも白色で1個だが、柱頭は5本に分かれ、萼片や花柄には短い腺毛が多く、花柄下部の茎にも腺毛がある。果実は上向きの刮ハで卵形、熟すと5裂する。種子は黒色の広卵形で、表面全体に突起がある。

【生育環境】道端、荒地、庭
【分  布】日本全国  東アジア原産の帰化植物
【開花時期】周年
【カテゴリ-】