アカネ科 ルリミノキ属

タイワンルリミノキ(台湾瑠璃実の木)

Lasianthus cyanocarpus

タイワンルリミノキ タイワンルリミノキ
2007.02.17 国頭村

タイワンルリミノキ        タイワンルリミノキ
2008.10.12 国頭村                                 2012.05.13 石垣島

タイワンルリミノキ        タイワンルリミノキ
2012.05.13 石垣島

タイワンルリミノキ タイワンルリミノキ
2012.10.31 国頭村


【特  徴】草丈1〜1.5mの常緑低木。葉は対生し、長さ10p程度の長楕円形で全体に毛が多い。対生の葉の付け根に咲く花に大きなホウがあるのが特徴。花は白色で、葉の脇に1〜2個つく。実は青色に熟する。冬に開花。花序より苞葉が大きい。
  同じく毛深いルリミノキ属にマルバルリミノキとケハダルリミノキがあるが、タイワンルリミノキの葉はそれらより大型(10cm以上)。オオバルリミノキは比較的大型の葉を持つが、毛が少ないのでタイワンルリミノキとの区別は簡単だ。

【生育環境】湿り気のある林下や渓流域
【分  布】奄美大島以南、沖縄島、石垣島・西表島、台湾,中国南部
【開花時期】10〜2月
【カテゴリ-】