アカネ科 ボチョウジ属

シラタマカズラ(白玉葛)

Psychotria serpens

シラタマカズラ シラタマカズラ
2007.03.25 東村

シラタマカズラ シラタマカズラ
2007.03.25 東村                                   2013.05.19 東村

シラタマカズラ シラタマカズラ
2013.06.08 国頭村

シラタマカズラ シラタマカズラ
2013.06.17 東村

シラタマカズラ     シラタマカズラ
2013.06.23 東村

シラタマカズラ シラタマカズラ
2013.06.23 東村

シラタマカズラ    シラタマカズラ
2013.12.09 東村

シラタマカズラ
2015.01.04 東村 斑入り


【特  徴】草丈2〜5mの林縁に生育する常緑藤本。全体に毛は無く、葉は対生し小さな鋸歯がある。不着根を出して岩やほかの樹木によじ登る。枝先に集散花序出し、直径4mmほどの目立たない白色の花をつける。花冠は短い漏斗形で、先は5裂する。10月下旬から12月には直径約5mmの白く美しい球形の実をつける。シラタマカズラの名はこの実の特徴をよく示している。

【生育環境】海岸近くの低地から山地の林縁
【分  布】本州(和歌山県)、四国南部、九州南部、琉球列島
【開花時期】5〜7月
【カテゴリ-】