マメ科 ドクフジ属

シイノキカズラ(椎の木蔓)

Derris trifoliata

シイノキカズラ シイノキカズラ
2007.08.31                                           2011.09.09


【特  徴】10〜15mの蔓性木本。葉は互生し、奇数羽状複葉で、長さ10〜20p、小葉は5〜9個で、小葉はほぼ対生し、薄い革質で光沢があり、卵状長楕円形で先端が細長く尖る。大きさは変化が大きく、長さ4〜13p程。腋生の長さ10〜15程の総状花序または円錐花序に、長さ8〜10oの唇状の白い花を多数咲かせる。花後の豆果は、菱形〜広長楕円で、長さ3〜5p、幅2〜3pで無毛、網脈が著しく、上側の縫い合せ線に沿って狭い翼があり、中に1〜2個の種子が入っている。種子は軽く、水に載って運ばれ散布される。

【生育環境】マングローブ林の近くに生えて、大きな樹木に絡む
【分  布】奄美大島以南の琉球列島、台湾、中国南部、熱帯アジア、ポリネシア
【開花時期】6〜8月
【カテゴリ-】