アカネ科 ミサオノキ属

シマミサオノキ(島操の木)

Aidia canthioides

シマミサオノキ    シマミサオノキ
2015.05.09 東村

シマミサオノキ    シマミサオノキ
2015.05.09 東村

シマミサオノキ    シマミサオノキ
2015.05.17 東村

シマミサオノキ    シマミサオノキ
2015.05.17 東村

シマミサオノキ    シマミサオノキ
2017.05.23 国頭村


【特  徴】樹高1.5〜4mの常緑低木。葉は対生し、長披針形〜長楕円形で5〜18cm、幅2〜6.5cm程。先は尖り全縁。薄い革質で両面とも無毛。花は枝先に集散花序になって数個つき、小さくて目立たない。白色〜クリーム色。花筒は細い円筒形で、長さ約1cm程、先は5裂して広く開き、裂片は広線形で先は短く尖る。花柱は長さ約8mm、雄蕊とともに花の外へ伸びる。果実は球形。未熟なうちは緑色で、黒熟する。

【生育環境】山地の常緑広葉樹林内
【分  布】奄美大島以南〜沖縄、台湾、中国南部
【開花時期】4〜5月
【カテゴリ-】