ツユクサ科 イボクサ属

シマイボクサ(島疣草)

Murdannia loriformis

シマイボクサ シマイボクサ
2012.02.05 西表島

シマイボクサ    シマイボクサ
2012.02.05 西表島                                   2014.09.26 名護市

シマイボクサ     シマイボクサ
2014.09.26 名護市

シマイボクサ   シマイボクサ
2014.11.08 名護市


【特  徴】草丈20〜30pの多年草。茎は下部で分枝し、匍匐して節から根を出す。葉は狭線形〜披針形で、先は鋭い。根出葉がある。花は茎頂または葉腋から集散花序となり、直径約5〜9oの白色〜淡紫色。花弁は3個のやや円形で、花糸に毛があり、雌しべは1個、雄しべは5個。萼片は3個の楕円形で先がやや円く、長さ3〜4mm。刮ハは3つに割れ、各室に2個の種子が入っている。

【生育環境】やや湿り気のある荒地、田畑、路傍、低地部の草地
【分  布】九州(南部)〜沖縄諸島
【開花時期】周年
【カテゴリ-】