キンポウゲ科 センニンソウ属

サキシマボタンヅル(先島牡丹蔓)

Clematis chinensis

サキシマボタンヅル サキシマボタンヅル
2012.05.13 石垣島

サキシマボタンヅル     サキシマボタンヅル
                  2012.05.13 石垣島

サキシマボタンヅル サキシマボタンヅル
2012.06.23 本部町

サキシマボタンヅル       サキシマボタンヅル
2012.06.23 本部町

サキシマボタンヅル       サキシマボタンヅル
2012.06.23 本部町

サキシマボタンヅル       サキシマボタンヅル
2012.06.23 本部町

サキシマボタンヅル サキシマボタンヅル
2013.09.05 伊江島

サキシマボタンヅル       サキシマボタンヅル
2015.06.15 沖縄市


【特  徴】草丈4〜8mになる蔓性の常緑多年草。茎は長く伸びて分枝する。葉は対生し、3出葉〜5出葉。卵形〜卵状披針形の長さ3〜7pで、全縁である。無毛で、乾くと黒変する。花は散房花序になり、多数付く。苞は長楕円状披針形で、白色の長さ約5〜8o。ボタンヅルの名前がついているが葉には鋸歯がない。  「威霊仙」という漢方薬になる。

【生育環境】日当たりの良い低地の林縁
【分  布】沖縄島、伊江島、久米島、宮古島、伊良部島、石垣島、黒島、西表島、台湾、南中国
【開花時期】5〜9月
【カテゴリ-】