キョウチクトウ科 サカキカズラ属

サカキカズラ(榊蔓)

Anodendrom affine

サカキカズラ サカキカズラ
2007.02.17 西表島                                 2012.02.05 西表島

サカキカズラ サカキカズラ
2012.02.05 西表島                                    2012.09.19 伊江島

サカキカズラ     サカキカズラ
2016.03.27 大宜味村

サカキカズラ     サカキカズラ
2016.03.27 大宜味村


【特  徴】草丈150〜500cm程の常緑蔓性藤本。茎は他の物に絡みついて伸び、毛がなく、樹皮は黒紫色。葉は対生で狭長楕円形の長さ5〜10p、幅1〜3p。艶のある革質で、先は尖る。花は枝先に集散花序に密につき、花冠は高杯形で細長い筒部があり、淡黄色で5深裂し、径8〜10o。裂片は狭長楕円形で筒部と同長。果実(袋果)は円柱状披針形で、長さ8〜12p、幅1.3〜1.5pの紡錘形が2個出来る。硬くて180度に開出する。
 名前の由来は、葉がサカキに似ている事から。

【生育環境】日当りのよい道端や林縁の樹上で他のものに絡みつく
【分  布】本州(千葉県以西)〜沖縄
【開花時期】2〜3月
【カテゴリ-】