モクセイ科 モクセイ属

リュウキュウモクセイ(琉球木犀)

Osmanthus marginatus

リュウキュウモクセイ リュウキュウモクセイ
雌花 2012.02.05 西表島

リュウキュウモクセイ リュウキュウモクセイ
雄花 2012.02.05 西表島                                実 2012.02.05 西表島

リュウキュウモクセイ リュウキュウモクセイ
実 2012.02.05 西表島

リュウキュウモクセイ リュウキュウモクセイ
実 2012.02.05 西表島


【特  徴】樹高5〜15m程の常緑高木。雌雄異株である。小枝は灰白色で無毛。葉は対生し、単葉で、長楕円形の長さ5〜18cm、幅2〜7cm。短い鋭尖頭で、基部は楔形〜広楔形。ほぼ全縁の厚い革質で、両面は無毛の小さい腺点を持つ。側脉は5〜7対で、不明瞭である。葉柄は長さ1〜3cmで無毛。花は葉腋に短い総状花序を出し、花序に3〜5対の広卵形で鱗片状の包を持ち、花梗の長さは0.5〜2mmである。萼は4裂する。花冠は淡黄白色の鐘形、長さ2〜5mmで4裂する。雄花は雄ずい2個で、雌花は雌ずい1個を持ち、子房は卵形、柱頭は2裂する。石果は楕円形の長さ1〜2cmで、青黒色。

【生育環境】日当たりのいい林縁、林内
【分  布】トカラ列島(中之島)以南の琉球列島、大東島、台湾、中国中南部、香港
【開花時期】6〜7月
【カテゴリ-】