カキノキ科 カキノキ属

リュウキュウマメガキ(琉球豆柿)

Diospyros japonica

リュウキュウマメガキ リュウキュウマメガキ
2008.07.21 名護市                                   2012.02.05 西表島

リュウキュウマメガキ   リュウキュウマメガキ
2014.12.14 恩納村


【特  徴】高さ8〜10mになる落葉高木。樹幹は、灰褐色である。なめらかで皮目がある。葉は互生し、長さ6〜18cm、幅4〜7cmの広卵形〜狭卵形、ときに長楕円形。先は急に尖り、基部は円形、ときに切形または浅い心形。ふちは全縁。裏面は粉白色を帯び、普通無毛。葉柄は1〜3cm。雌雄別株。新枝の葉腋に乳白色の花をつける。雄花は普通2個ずつつき、雌花は1個ずつつく。花冠は壷形で、上部は4裂してそり返る。外面は白い粗毛がある。果実は液果で、直径2〜2.5cmの球形。10〜11月に黄褐色に熟す。食べられるが種子が多い。

【生育環境】日当りのよい谷間や斜面
【分  布】関東以西、四国、九州、琉球列島
【開花時期】5〜7月
【カテゴリ-】