アカネ科 サツマイナモリ属

リュウキュウイナモリ(琉球稲森)

Ophiorrhiza kuroiwae

リュウキュウイナモリ
2014.03.16 斑入り 石垣島

リュウキュウイナモリ リュウキュウイナモリ
2014.07.03 石垣島

リュウキュウイナモリ      リュウキュウイナモリ
2014.07.26 西表島

リュウキュウイナモリ
2014.07.26 西表島

リュウキュウイナモリ
2015.07.31 西表島


【特  徴】高さ30〜100cmの常緑小低木。茎は分枝し、若いうちは褐色の短い縮毛が密生する。葉は対生し、卵状楕円形〜長楕円形で、長さ6〜13cm、幅2〜6cm。先は短く尖り、全縁で、裏面脈上には毛が多い。葉脈はやや突出する。花は茎頂に散房花序となり、多数分枝して多くの花を付ける。花冠は白色の長さ3〜6oで5裂し、反り返る。裂片は卵状三角形。この仲間では一番大きな葉を持つ。

【生育環境】山地常緑樹林内の林床
【分  布】沖縄本島、石垣島、西表島、与那国島、台湾、フィリピン  沖縄本島が分布の北限
【開花時期】3〜10月
【カテゴリ-】