オオバヤドリギ科 オオバヤドリギ属

オオバヤドリギ(大葉寄生木)

Scurrula yadoriki

オオバヤドリギ    オオバヤドリギ
2014.12.14 大宜味村

オオバヤドリギ    オオバヤドリギ
2014.12.14 大宜味村

オオバヤドリギ    オオバヤドリギ
2014.12.14 大宜味村

オオバヤドリギ    オオバヤドリギ
2014.12.14 大宜味村

オオバヤドリギ    オオバヤドリギ
2015.11.03 国頭村

オオバヤドリギ
2017.11.07 国頭村

オオバヤドリギ
2017.11.07 国頭村


【特  徴】高さ30〜100cm程の常緑半寄生低木。葉は対生し、有柄で長さ3〜6cmの卵形〜広楕円形。全縁。革質で厚く、表面は緑色で裏面は赤褐色の星状毛が密生する。花は両性。葉腋に筒形の花が2〜7個つく。花被は長さ約3cm、外面には赤褐色の星状毛が密生し、内面は緑紫色、上部は4裂してそり返る。雄芯は4個で花外に抽出する。果実は液果で長さ7〜8mmの広楕円形。赤褐色の星状毛が密生する。

【生育環境】サクラ、ヤブニッケイ、タブノキ、スダジイ、サザンカ、ヒサカキ等の樹木に寄生する。
【分  布】関東南部以西〜沖縄
【開花時期】9〜12月
【カテゴリ-】