マメ科 フジボグサ属

オオバフジボグサ(大葉藤穂草)

Uraria lagopodioides

オオバフジボグサ        オオバフジボグサ
2010.06.03 西表島                                 2012.07.08 西表島


【特  徴】草丈約30〜60cm程の多年生草本。茎は匍匐し、花茎は立ち上がる。株全体が細い毛に覆われる。葉は1〜3小葉から成り、小葉は円形〜楕円形で、長さ1〜6cm、先は円頭。花は茎の先に20〜30cmの円筒状の総状花序を付け、淡紅紫色で長さ約6oの花を密に付ける。

【生育環境】陽当たりの良い平地の草地
【分  布】宮古島、石垣島、西表島、波照間島  最近は西表島以外では確認されていない
【開花時期】5〜10月頃
【カテゴリ-】環境省RDB:絶滅危惧IA類