バラ科 シャリンバイ属

オキナワシャリンバイ(沖縄車輪梅)

Rhaphiolepis indica var. liukiuensis

オキナワシャリンバイ オキナワシャリンバイ
2012.04.08 浦添市

オキナワシャリンバイ     オキナワシャリンバイ
2012.04.11 浜比嘉島                               

オキナワシャリンバイ オキナワシャリンバイ
2010.04.16 国頭村 ダブル咲き                               2015.04.08 大宜味村

オキナワシャリンバイ
2015.11.03 国頭村


【特  徴】樹高約2〜4mになる常緑小高木である。枝先に細い枝が車輪状に出る。葉は互生し、単葉の長楕円形で、長さ3〜8p。葉は細長く、縁は荒く鋸歯が目立つ。 梅に似た白い5弁の花を枝先に車輪のように付ける。直径1.5〜2p程。花の後は丸い果実となって、11月には黒紫色に熟す。樹皮はタンニンを多く含んでおり、大島紬や久米島紬、また沖縄の芭蕉布を染め上げる染料として使われる。
 名前の由来は、枝の付きかたが輪生になっており、これを車輪に見立てた。

【生育環境】海岸〜低地
【分  布】琉球列島、台湾、南中国
【開花時期】3〜4月
【カテゴリ-】