ガガイモ科 シタキソウ

オキナワシタキヅル(沖縄舌切蔓)

Stephanotis lutchuensis

オキナワシタキヅル オキナワシタキヅル
2008.05.18 国頭村

オキナワシタキヅル
2008.05.18 国頭村

オキナワシタキヅル     オキナワシタキヅル
2008.05.18 国頭村                                 2014.11.27 伊平屋島

オキナワシタキヅル     オキナワシタキヅル
2014.11.27 伊平屋島

オキナワシタキヅル     オキナワシタキヅル
2016.05.01 国頭村

オキナワシタキヅル     オキナワシタキヅル
2016.05.01 国頭村


【特  徴】長さ5〜10mの常緑藤本。茎や葉には短毛がある。葉は、1〜2pの葉柄があり、対生し、卵状長楕円形〜長楕円形で、6〜11p、幅3〜4p。先は鋭尖頭で、全縁。花は茎頂や葉腋から花茎を伸ばし、3〜10個の花をつける。花冠は白色の鐘形で5裂し、直径約2.5p。アメリカシタキソウ(マダガスカルジャスミン)とかオキナワソケイの仲間で、甘いジャスミンの良い香りがする。

【生育環境】日当たりのいい山地の常緑広葉樹林内
【分  布】本州〜沖縄島、久米島、石垣島
【開花時期】4〜6月
【カテゴリ-】