キンポウゲ科 センニンソウ属

オキナワセンニンソウ(沖縄仙人草)
オキナワボタンヅル

Clematis uncinata var. okinawensisi

オキナワセンニンソウ  オキナワセンニンソウ
2018.06.20 本部町

オキナワセンニンソウ
2018.06.20 本部町

オキナワセンニンソウ
2018.06.20 本部町

オキナワセンニンソウ
2018.06.20 本部町

オキナワセンニンソウ
2018.06.20 本部町


【特  徴】長さ3〜10mの蔓性常緑灌木。茎の下部は木質化する。葉は2回3出複葉で、小葉は卵形〜長卵形の長さ7〜10pで、5〜10枚。革質で先は尖り、全縁で、表面は光沢がある。液生する円錐花序は長さ10〜20cm程で多数の白い花をつける。花径は20〜25o。長楕円状披針形の長さ10o程の額片4枚が十字に水平に開く。先端は尖る。花糸の長さは10〜20o、花柱の長さは10〜20oで黄褐色。

【生育環境】日当たりの良い石灰岩地の林縁
【分  布】沖縄島・伊計島・浜比嘉島
【開花時期】5〜9月
【カテゴリ-】