ナス科 ナス属

オキナワヒヨドリジョウゴ(沖縄鵯上戸)

Solanum .s.kayamae

オキナワヒヨドリジョウゴ オキナワヒヨドリジョウゴ
2013.10.20 沖縄県

オキナワヒヨドリジョウゴ     オキナワヒヨドリジョウゴ
2013.10.20 沖縄県

オキナワヒヨドリジョウゴ     オキナワヒヨドリジョウゴ
2013.10.20 沖縄県

オキナワヒヨドリジョウゴ オキナワヒヨドリジョウゴ
2013.10.20 沖縄県

オキナワヒヨドリジョウゴ     オキナワヒヨドリジョウゴ
2013.10.20 沖縄県

オキナワヒヨドリジョウゴ オキナワヒヨドリジョウゴ
2013.10.20 沖縄県

オキナワヒヨドリジョウゴ     オキナワヒヨドリジョウゴ
2014.03.09 沖縄県

オキナワヒヨドリジョウゴ     オキナワヒヨドリジョウゴ
2014.03.09 沖縄県

オキナワヒヨドリジョウゴ    オキナワヒヨドリジョウゴ
2014.03.09 沖縄県


【特  徴】他の樹木等に絡み付いて繁茂する蔓性植物。1.5m〜3m程になる。全草に柔らかい毛が密生する。葉は互生し、深い切れ込みがあるが、変化が大きく分裂しないものから3裂、5裂するものなどがある。花の付く枝は葉と対生し、頂生の三叉状に分岐する散房花序に付く。花は1〜1.5cm程度で、大きく外に反り返った5枚の紫色の花弁を持つ。花冠は5裂し、裂片は次第に反り返る。花筒の入り口には緑色の斑紋がある。雄しべは黄色で花柱を取り巻き、合わさった葯が目立つ。花後に出来る実は1cm程度の球形の液果で、緑色から赤く熟する。

【生育環境】林縁
【分  布】沖縄島
【開花時期】10〜11月
【カテゴリ-】絶滅危惧IB類