サトイモ科 テンナンショウ属

ムサシアブミ (武蔵鐙)

Arisaema ringens

ムサシアブミ ムサシアブミ
2007.01.13                                          2008.03.30

ムサシアブミ ムサシアブミ
2008.07.21                                  2011.12.29

ムサシアブミ     ムサシアブミ
2011.12.29 大宜味村

ムサシアブミ
2016.01.31 大宜味村

ムサシアブミ   ムサシアブミ
2018.12.30 名護市

ムサシアブミ
2019.01.06 名護市

ムサシアブミ
2019.01.06 名護市

ムサシアブミ   ムサシアブミ
2019.01.06 名護市

ムサシアブミ   ムサシアブミ
2019.01.23 名護市

ムサシアブミ
2019.01.23 名護市


【特  徴】草丈30〜50pの多年草。葉は2枚、葉身は三小葉に分かれて裏側は白い。大きさは、10〜50p。花は、約20pの「仏炎苞」と呼ばれる筒状のホウが茎の先につく。(ぶつえんほう)は暗紫色か白緑色で、白い筋が隆起する。
 和名の由来は、仏炎苞を鐙にたとえたもの。

【生育環境】林内の湿地,海岸の湿った林
【分  布】関東以西の本州、四国、九州、琉球列島
【開花時期】12〜3月
【カテゴリ-】