サクラソウ科 オカトラノオ属

モロコシソウ(唐土草)

Lysimachia sikokiana

モロコシソウ モロコシソウ
2004.09.12                                        2004.12.30

モロコシソウ        モロコシソウ
2008.06.08 国頭村                                       2009.11.15 国頭村

モロコシソウ      モロコシソウ
2012.01.25 国頭村

モロコシソウ      モロコシソウ
2014.06.21 国頭村


【特  徴】高さ30〜80cm多年草。茎は直立または斜上し短く分枝する。葉は互生し、卵形で両端が尖り、長さ5〜10p。長さ2〜6pの花柄をつけた黄色い花を下向きに咲かせる。花は上部の葉腋ごとに1花つけ、5裂し先は反り返る。
沖縄では全草を干し、乾燥させると独特の香りが出て、衣類の匂い消しや防虫剤、芳香剤として利用する。また、乾燥したモロコシソウを袂に入れ、腋臭の臭い消しに利用した。方言名はヤマクニブー。

【生育環境】山野の樹林下、林縁
【分  布】本州(関東南部)〜沖縄諸島、台湾
【開花時期】6〜9月
【カテゴリ-】