ヤブコウジ科 ヤブコウジ属

モクタチバナ(木橘)

Ardisia sieboldii

モクタチバナ モクタチバナ
2012.06.23 大宜味村

モクタチバナ モクタチバナ
2012.06.28 大宜味村

モクタチバナ モクタチバナ
2012.06.28 大宜味村

モクタチバナ    モクタチバナ
2013.12.08 国頭村                               2015.12.05 国頭村



【特  徴】樹高8〜10m程になる常緑低木〜小高木。葉は互生し、長さ8〜12cm程度の倒披針卵形〜倒卵形の全縁で、両面とも無毛である。厚みがあって表面は滑らか。花は白色〜淡桃色で、集散状の花序に多数付く。
 近縁のシシアクチとよく似ているが、モクタチバナは、樹形が大きくなる。葉は中程から先の方が一番広くなる。花序の数が多い。果実は球形で赤熟もしくは黒熟する。などの点で区別できる。
 ヨナグニサンの食樹。

【生育環境】暖地の常緑樹林内、林縁
【分  布】小笠原、四国(南部)、九州、南西諸島、台湾、中国
【開花時期】4〜6月
【カテゴリ-】