マメ モダマ属

モダマ(藻玉)

Entada phaseoloides

モダマ
2010.06.05 西表島

モダマ
2014.05.25 西表島

モダマ
2014.05.25 西表島


【特  徴】長さ10〜20mになる蔓性の常緑木本。茎は太いものでは30pになり、他のものに絡み付いて伸びる。4個の羽片からなり、各羽片は2〜6小葉からなる。、頂小葉はやや歪んだ長楕円形〜倒卵形で、長さ3〜8p。革質で光沢がある。花は頂生または腋生し、長さ12〜25pの穂状花序となり、密に花をつける。花は淡黄緑色〜緑白色で、長さ5〜6cm。豆果は線形で木質。長さ80〜120pでやや湾曲し、種子が9〜13個入る。種子は赤褐色で非常に硬く、扁平で、ほぼ円形。長さ5〜6.5p、幅4〜6pで、中央は山形に膨らまない。

【生育環境】海岸林中の高木に巻きつく
【分  布】屋久島、奄美大島、徳之島、沖永良部島、沖縄島、石垣島、西表島、与那国島、台湾、熱帯アジア、太平洋諸島、オーストラリア、アフリカ
【開花時期】3〜8月
【カテゴリ-】準絶滅危惧種