カヤツリグサ科 ハリイ属

ミスミイ(三角藺)

Eleocharis fistulosa

ミスミイ  ミスミイ
2009.08.01



【特  徴】草丈30?80cmの常緑多年草。泥中に細長い匍匐根茎を出し、節から有花茎を叢生する。稈は束生し鋭い3稜形で、中実。小穂は頂生し、円柱形の長さ1.5〜4cmで鋭頭、淡緑色。結実後はわら色。痩果は倒卵形の長さ約2mm、淡褐色。刺針状花披片は6本。
名前の由来は三角のイ(イグサ)から。

【生育環境】 日当たりのよい山野の湿地や水田、休耕田
【分   布】 本州(愛知県以西)、四国、九州、徳之島、沖永良部島、与論島、伊是名島、沖縄島、宮古島、池間島、石垣島、与那国島台湾、中国南部、インド、マレーシア、オーストラリア、熱帯アメリカ
【開花時期】 周年?
【カテゴリ-】
沖縄県:絶滅危惧II類