ハイノキ科 ハイノキ属

ミミズバイ(蚯蚓灰)

Symplocos glauca

ミミズバイ       ミミズバイ
2013.05.19 東村

ミミズバイ ミミズバイ
2013.05.19 東村


【特  徴】樹高10〜15m程の常緑高木。葉は互生し、長さ8〜15p、幅2〜4pの狭長楕円形で葉柄は1〜1.5p。両端とも鋭形。厚い革質で両面とも無毛。表面は緑色で光沢があり、縁は全縁でやや裏面に巻き込む。裏面は灰白色を帯び、主脈は裏面に隆起する。葉腋に短い花序を出し、白い花を多数付ける。花は無柄で直径7〜10mm。花冠は5深裂し、雄しべが多数出て1本の雌しべが突き出る。核果は、長さ12〜15oの卵状長楕円形で、翌秋に黒紫色に熟す。
 和名の由来は、果実が蚯蚓(みみず)の頭に似ていることから。

【生育環境】林内、林縁
【分  布】本州(関東地方南部以西)、四国、九州、沖縄、台湾、中国、インドネシア
【開花時期】5〜6月
【カテゴリ-】