ヒルギ科 メヒルギ属

メヒルギ(雌蛭木)

Kandelia obovata

メヒルギ メヒルギ
2007.02.17 西表島

メヒルギ    メヒルギ
2014.09.12 伊是名島


【特  徴】高さ6〜9mの喬木。成木は幹の周囲に呼吸根として板根を持ち、干潟の泥地に安定して株立ちする。葉は5cm程の長楕円形で対生し、革質、光沢がある。葉の先端は鈍いかまたは円い。花は、腋性の集散花序で、細長い5枚の萼と、長さ1cm程度の糸状の5枚の花弁を持つ白色の花を10個程度つける。萼は後ろに反り返る。花弁は2裂し、裂片の先端はさらに細く裂ける。胎生種子は樹上で発根し、親株の近くの泥地に根付くことが多いが、他のマングローブ植物と同様に海水に流され、海流散布によって分布を広げる。

【生育環境】潮間帯の河口干潟
【分  布】九州南部の薩摩半島から南西諸島、台湾、東南アジア
【開花時期】4〜6月
【カテゴリ-】