アカネ科  クチナシ属

クチナシ(梔子)

Gardenia jasminoides

クチナシ クチナシ
2009.04.05 国頭村                                      2010.06.13 大宜味村

クチナシ クチナシ
2009.01.12 国頭村

クチナシ      クチナシ
2013.03.30 東村

クチナシ    クチナシ
2013.03.30 東村

クチナシ      クチナシ
2014.12.30 伊平屋島


【特  徴】樹高1〜3m程の低木。葉は対生で、時に三輪生となり、長楕円形〜倒卵形。長さ5〜12cm。表面に艶があり、筒状の托葉を持つ。花は葉腋から短い柄を出し、一個ずつ咲かせる。花弁は基部が筒状で、先は大きく6弁に分かれ、開花当初は白色だが、徐々に黄色に変わっていく。花には強い芳香がある。8〜10月ごろに黄赤色の果実をつける。果実の先端に萼片のなごりが6本、針状についていることが特徴である。側面には、はっきりした稜が突き出る。

【生育環境】低地〜山地林縁
【分  布】静岡県以西、四国、九州、南西諸島、中国、台湾、インドシナ半島
【開花時期】3〜5月
【カテゴリ-】