モウセンゴケ科 モウセンゴケ属

コモウセンゴケ(小毛氈苔)

Drosera spathulata

コモウセンゴケ コモウセンゴケ
2008.06.01                                                                                              2009.01.11

コモウセンゴケ     コモウセンゴケ
2013.03.19 国頭村

コモウセンゴケ     コモウセンゴケ
2014.07.05 東村

コモウセンゴケ     コモウセンゴケ
2014.10.03 名護市                                2015.06.27 国頭村


【特  徴】草丈5〜15pの常緑の多年草。地面に広がり、夏は緑色が濃いが、冬には赤色に紅葉し、食虫植物である。根出葉は広倒卵形で長さ2〜4p、幅2.5〜3.5o。表面には紅色の長腺毛があり、基部はクサビ形。花は総状に数個〜十数個つき、花序の先は巻き、片側に花をつける。花冠は淡紅色〜白色で直径約1〜1.5p。花柱は3個で先は2深裂する。

【生育環境】山地の自然林の明るい林縁、林道沿いの斜面、日当たりのいい酸性の湿地
【分  布】本州(宮城県以南)〜沖縄、東南アジア
【開花時期】6〜9月
【カテゴリ-】