ホルトノキ科 ホルトノキ属

コバンモチ(小判黐)

Elaeocarpus japonicus

コバンモチ    コバンモチ
2013.02.25 うるま市

コバンモチ
2013.02.25 うるま市

コバンモチ
2013.02.25 うるま市

コバンモチ
2014.05.23 名護市

コバンモチ
2014.05.23 名護市


【特  徴】樹高さ15〜20m程の常緑高木。葉は互生し、楕円形〜長楕円形。枝先に集まってつく傾向があり、縁には鋸歯がある。革質で厚く光沢がある。季節に関係なくちらほらと紅葉する。葉柄は長め。前年枝の葉腋から長さ4〜6pの総状花序を出し、淡緑色の花を下向きに咲かせる。
名前の由来は、葉がモチノキに似ていて、形が小判を思わせるところから。

【生育環境】暖地の林内から沿岸地域
【分  布】近畿地方南部以西の本州、四国、九州、沖縄、中国、台湾
【開花時期】2〜4月
【カテゴリ-】