ウリ科 カラスウリ属

ケカラスウリ(毛烏瓜)

Trichosanthes rostrata

ケカラスウリ ケカラスウリ
2006.10.29 名護市

ケカラスウリ ケカラスウリ
2008.09.20 名護市                                            2010.09.26 大宜味村

ケカラスウリ ケカラスウリ
2010.09.26 大宜味村

ケカラスウリ ケカラスウリ
2012.06.23 大宜味村                                2012.09.28 大宜味村

ケカラスウリ    ケカラスウリ
2015.11.03 国頭村


【特  徴】草丈数mの常緑の多年生つる性草本。茎は5肋脈があり、巻きひげは2〜3分枝する。葉は円状心形で3〜5に浅〜中裂し、8〜15p、幅6〜12p。表面に軟毛が密生し、裏面には短毛が密生する。葉腋から2〜3pの花柄をだし、白色の花冠をつけ、花冠は糸状に細裂し、暗(午後の9時頃から)くなってから開花し始め、翌朝萎む。額は筒状で2〜3p、淡緑色で濃い緑のスジがあり、先端は6裂する。液果は長楕円形で、長さ5〜8p、幅3〜4p、先端は嘴状に尖り、熟すと朱色になる。茎は巻きひげで他物に巻きついてよじのぼり、5〜7mになる。茎は緑色で短い軟毛があってざらつく。「ケカラスウリ」の名は、葉に毛があることからついてる。

【生育環境】山地や平地の路傍や林縁
【分  布】九州(大隈半島南部)〜琉球列島
【開花時期】3〜10月
【カテゴリ-】