サルトリイバラ科 カラスキバサンキライ属

カラスキバサンキライ(唐鋤葉山帰来)

Heterosmilax japonica

カラスキバサンキライ         カラスキバサンキライ
2012.02.05  西表島


【特  徴】蔓性常緑低木。茎には棘がなく、葉は互生し卵形の長さ5〜10pでやや光沢があり、5〜7脈が目立つ。托葉が巻きひげになり、葉柄で巻きつく。花は単性花で雌雄異株のものが多く、小型の花は合着し、長さ3.5oで、雄花は筒状。雌花はつぼ状になる。果実は液果の球形で、暗緑色。
和名のカラスキバは、中国の鋤(スキ)の形に葉が似ていることに由来する。

【生育環境】海岸〜平地の林縁
【分  布】屋久島〜沖縄、中国南部、台湾〜インドシナ
【開花時期】5〜6月
【カテゴリ-】