トウダイグサ科 カンコノキ属

カキバカンコノキ(柿葉カンコノキ)

Glochidion zeylanicum

カキバカンコノキ   カキバカンコノキ
              2012.05.26 国頭村

カキバカンコノキ   カキバカンコノキ
              2013.03.19 国頭村

カキバカンコノキ   カキバカンコノキ
              2013.07.29 西表島

カキバカンコノキ
2014.07.26 西表島

カキバカンコノキ
2014.07.26 西表島


【特  徴】樹高2〜8m程の常緑小高木。根元から多くの枝を伸ばす。葉は単葉で互生し、全縁の両面無毛で光沢があり、緑色の卵状長楕円形で、長さ10〜18p、幅4〜6p。先は尖る。葉裏は薄い緑色で葉脈が目立つ。雌雄同株。葉腋から散形花序を出し、淡緑色の6〜10個の小花を付ける。花弁はなく、6個の黄緑色の萼片が花弁のように開く。花後、直径7〜9o程のさく果の扁球形で緑色の実を多数付け、熟すると赤橙色に変わり最後に黒色になる。
和名の由来は、カキノキの葉のようなカンコノキの意から。


【生育環境】低地〜山地の林内や林縁
【分    布】屋久島以南の琉球列島、中国南部、東南アジア
【開花時期】7〜8月
【カテゴリ-】