クマツヅラ科 クサギ属

イボタクサギ(イボタ臭木)

Clerodendrum inerme

イボタクサギ イボタクサギ
2007.08.31 西表島                                 2014.01.19 糸満市

イボタクサギ    イボタクサギ
 2014.01.19 糸満市

イボタクサギ イボタクサギ
 2014.01.19 糸満市

イボタクサギ    イボタクサギ
 2014.11.11 西表島


【特  徴】高さ70〜200cmの常緑半蔓性低木。葉は対生し、葉身は卵状楕円形〜長楕円形、全縁、皮質でやや多肉。花は葉腋から集散花序を出し、香りのある白く細長い筒状の花を3個ずつ付ける。花糸と花柱は紫紅色を帯び、花冠から長く突き出る。
 葉がイボタノキに似て、葉をもむといやなにおいがすることが和名の由来。

【生育環境】マングローブの後背湿地や砂浜湿地
【分  布】種子島、トカラ列島以南〜琉球列島
【開花時期】4〜12月
【カテゴリ-】