ミズアオイ科 ホテイアオイ属

ホテイアオイ(布袋葵)

Eichhornia crassipes

ホテイアオイ     ホテイアオイ
2014.07.29 伊平屋島

ホテイアオイ
2014.07.29 伊平屋島


【特  徴】草丈30〜60p程の宿根性水生植物。株元から匍匐枝を出し、その先端に子株ができて繁殖する。多数の細かい藍紫色の根を叢生する。葉は水面から立ち上がる。葉柄が丸く膨らんで浮き袋の役目をする。花茎が葉の間から高く伸び、大きな淡青紫色の花を6〜10個程つける。花弁は6枚。咲き終わると花茎は曲がって先端が水中に潜り、果実は水中で成長する。
名前の由来は、膨れた葉柄が七福神の布袋のお腹に似ていることから。

【生育環境】河川、湖沼
【分  布】日本全土 熱帯〜亜熱帯
【開花時期】6〜10月
【カテゴリ-】